読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

台湾沖縄透かし彫り

沖縄を歩いていると、台湾のことを感じることがあります。とりわけ、石垣島などの八重山地方では、そのまんまの台湾に出会ってしまうこともあります。では、台湾へ行ったらどうでしょう。やはり、沖縄を感じることがあり、かつて石垣島から移り住んでいった人たちと足跡を見付けることもあります。だけどそれは、薄皮を一枚剥いだようなところに隠れていることがほとんどなのです。

 沖縄を歩いていると、台湾のことを感じることがあります。とりわけ、石垣島などの八重山地方では、そのまんまの台湾に出会ってしまうこともあります。では、台湾へ行ったらどうでしょう。やはり、沖縄を感じることがありますし、石垣島の痕跡を見付けることもあります。だけどそれは、薄皮を一枚剥いだようなところに隠れていることがほとんどなのです。深く掘りすぎると、原形をとどめなくなってしまうかもしれませんね。元の姿をとどめつつ、だけど、内側に潜むものもちゃんと見える。そんな透かし彫りの方法で、台湾と沖縄を見ていきましょう。   松田良孝のページ | Facebookページも宣伝

石垣

出発点の寺

熊本地震で震度6弱 JRで熊本駅から10分かからないところに川尻という場所があり、私は2005年2月24日に足を運んでいる。延寿寺という天台宗のお寺が目的地である。この年は戦後60年の節目に当たり、私は終戦の年の1945年に生まれた人たちの取材をしていて、…

またくっついているネコ

風がほどよく きょうはこんな感じ。3日前にもくっついていた。この辺りを通るのはこの子らの顔を見るためと言っても間違いではない。 taiwanokinawa.hatenablog.com Nikon デジタル一眼レフカメラ D500 ボディ 出版社/メーカー: ニコン 発売日: 2016/04/30 …

仲良し

ぐっすり スマホを手に近づいていくと、いつもなら、目を開けて動き出してしまうのだが、きょうはよほど眠たいとみえる。 Adobe Creative Cloud フォトグラフィプラン(Photoshop+Lightroom) 12か月版 Windows/Mac対応 [オンラインコード] 出版社/メーカー: …

次に生まれてくるときは・・・

マンゴーの枝釣り 葉は青々としているのに、つぼみが房状に連なったところは黄色から赤へと、まるで紅葉しているように色付いている。マンゴーの花が咲き、早いものでは小豆ほどの実がぷっくりとしはじめていた。 彰化県員林出身の台湾系2世、島本哲男さん…

ススキのほうき(続報)

縁があれば ススキを束ねたほうきが珍しくて、2月に取り上げたのだが、きょう(2016年4月9日)、別のお宅でほとんど同じ形をしたほうきにお目にかかった。 どちらも、石垣島嵩田地区にある台湾系の方のお宅で、といって、これが台湾由来のものだというつも…

台湾風(?)の家

玄関?たたずまい? この建物は、台湾の彰化県員林から来た人が建てたものです。台湾風のおうちというふうに説明を受けたことがありますが、階段とスロープを組み合わせたような玄関がそうなのか、それとも、たたずまいそのものが台湾風なのか。 古いことも…

石垣島に住む台湾系の人たちの清明

恒例行事 石垣島に住む台湾系の人たちがそろって墓参を行う清明節の恒例行事が2016年4月3日、石垣市字石垣にある台湾同郷之公墓で行われました。台湾系の人がすべて参加するというわけではありませんが、それでも100人を超える人たちが集まり、独特の細長い…

大森一也さんが東京で写真展

カメラを構えた姿は・・・ 大森一也さんが東京で写真展を開くことになった。第36回沖縄タイムス出版文化賞を受賞した安本千夏さんのご著書「島の手仕事」(南山舎)で写真を担当した大森さんである。 taiwanokinawa.hatenablog.com 私にとっては、知人であり…

陸と海のバランス

初泳ぎ この日が来ても困らないようにと、陸の運動を続けてきたつもりなのだが、こんなに体が動かなくなっているとは。やはり、海と陸は違うということなのだろうか。クロールと平泳ぎを終えてみると、肩が重くて、もげそうに垂れ下がってしまった。 秋から…

芝に花

乾いて、温かく 中学生のころ、生物部というところにいて、野草の花粉を顕微鏡で見たり、写真で撮ったりといったことをしていたものだから、体をちゃんと動かしておかないといけないと思い込んでしまうのは、そのころの反動なのかもしれない。いつも走りいっ…

復活祭で会った人

フィリピン人に感謝 「復活の主日」(復活祭、イースター)ということで、取材で世話になっているカトリック教会へ行ってきた。2016年3月27日のこと。教会へ足を運ぶことがあるものの、キリスト者ではない私に、知り合いのフィリピン人がお誘いのラインをく…

「激辛!!台湾汁なしラーメン」

飲むのに一苦労 ビールのメガジョッキというのをみんなで頼んでみた。1リットルで950円。「普通のジョッキより安い」というのは、この店によく来る者の談だが、どうなんだろうか。メガジョッキというものがどこにでもあるのかどうかがまず分からない。 ビー…

サンゴ礁と鉄筋コンクリート

揺れる道の奥 那覇市寄宮の県立図書館へ行くためのルートになっていることもあって、開南と与儀十字路を結ぶ県道222号はバスでしばしば通っている。この区間は、路線バスの運転手がいちいち「揺れるのでご注意を」と車内アナウンスをしてくれる珍しい区間な…

その土地の人になるということ

三世 英国に留学していたことのある同僚としゃべっていて、欧州にやってくる移民の話になった。曰く・・・ 一世は自分たちの国の文化や伝統を守ろうとする。 二世は、一世の苦労を見ているし、一世(=親たち)からの期待が過大なほど強い。だから、自分の出…

陽気は徐々に

昼寝に外遊びに (石垣市登野城) 2016年3月23日の石垣島。 午前11時48分の気温は25.3度。 図書館で調べものをした自転車の行き帰り、すれちがう春休み中の子どもたちはもちろん半そで。私だって、短パンにTシャツ。午後からは前線の通過で天気は再び下り坂…

ネコは平常心

かすかにサイレンの音がした。 どこかで春のセンバツの中継を見ているらしい。 八重高が21世紀枠から漏れても、甲子園は甲子園なのである。 SONY 防災用 手回し充電 FM/AMポータブルラジオ ホワイト ICF-B02(W) 出版社/メーカー: ソニー 発売日: 2009/06/20 …

ツールは「かまぼこ」

新しい環境 石垣島の繁華街、美崎町が酔客で賑わいだすのと反比例するように、金城金物屋は閉店時刻を迎えるので、そこは、夜は夜らしく暗い場所であるはずだっただけに、その跡地にオープンした「石垣島ヴィレッジ」に煌々と明かりが灯っている光景には軽い…

石垣空港で写真を撮る

人の迎えで、ひさびさに石垣空港へ行った。どうしても撮らなければならないわけではなかったのだけれども、暇つぶし飛行機を撮っていた。ガラス越しに、たったの2カット。コンパクトデジで。 撮り終えて、ファインダーから目を離すと、ガラスの向こう、つま…

ネコの続報の続報の続報の続報の続報

逃げ場はふんだんに リサイクルショップに持ち込まれた家電が置いてある場所。白っぽいエリアに、黒や茶のネコたちは目立ってしまうだろうが、身を隠せるポケット状の空間がいっぱいあるから、やつらにはそこそこ安心な場所なのであろう。 と思いきや、私が…

80年の畑

食材探し? 旧知のAさん宅を訪ねた。先客がいて「食材探しですか?」と聞かれた。そりゃそう思うだろうなと納得した。食べられる植物の種類も、食べられるトリの種類も、それほどまでに多い。事実、私はこのとき、6月にやってくる客をもてなす準備のためにA…

ネコの続報の続報の続報の続報

ようやく温かくなってきた。 いつもの駐車場でだらけている。 時々晴れ間ものぞき、湿気も感じるようになった。 きょうは半袖でもいいかもしれない。 taiwanokinawa.seesaa.net taiwanokinawa.hatenablog.com www.amazon.co.jp

「オンライ」とはパイナップルのこと

マニアック? cinemaokinawa.seesaa.net テレビか映画かを問わず、このところ、八重山と台湾の関係をドキュメンタリー作品にする試みが少なくないように思います。人によっては、マニアックなジャンルと片付けてしまうかもしれないこの関係に対して、大きな…

ススキのほうき

主は去れども ちょっとごらんなさいという具合に、ひょいと見せられた。 密で、繊細。 その質感は明々白々。 台湾から石垣島に移住し、山間にある嵩田地区で暮らしていた女性がご自分でつくられたというほうき。ススキの穂を束ねてあります。 2015年4月10日…