読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

台湾沖縄透かし彫り

沖縄を歩いていると、台湾のことを感じることがあります。とりわけ、石垣島などの八重山地方では、そのまんまの台湾に出会ってしまうこともあります。では、台湾へ行ったらどうでしょう。やはり、沖縄を感じることがあり、かつて石垣島から移り住んでいった人たちと足跡を見付けることもあります。だけどそれは、薄皮を一枚剥いだようなところに隠れていることがほとんどなのです。

 沖縄を歩いていると、台湾のことを感じることがあります。とりわけ、石垣島などの八重山地方では、そのまんまの台湾に出会ってしまうこともあります。では、台湾へ行ったらどうでしょう。やはり、沖縄を感じることがありますし、石垣島の痕跡を見付けることもあります。だけどそれは、薄皮を一枚剥いだようなところに隠れていることがほとんどなのです。深く掘りすぎると、原形をとどめなくなってしまうかもしれませんね。元の姿をとどめつつ、だけど、内側に潜むものもちゃんと見える。そんな透かし彫りの方法で、台湾と沖縄を見ていきましょう。   松田良孝のページ | Facebookページも宣伝

丸テーブルにドデン

f:id:taiwanokinawa:20151117231622j:plain

定位置に姿なし

 2015年11月17日の「猫ですが、ねているわけではありません」でお知らせした「別宅」についてです。

 その日は、最近少し気になりだしているアーケード街2階の喫茶店を訪ねる前に卸屋さんの前を通り、ネコどもが大学生ぐらいの若者たちに取り囲まれている(可愛がられている、字義通りの意味で)ところを確認し、帰りに立ち寄れば撫でるくらいはできるだろうと思っていったんは通り過ぎ、喫茶店で小一時間過ごしてから店の前に戻ってみると、ネコどもは姿を消していたのでした。

散策の副産物

f:id:taiwanokinawa:20151117231642j:plain

 ネコは常にどこかへ去っていってしまう存在です。いるとか、いないとかということで、いちいち気にしていたら身が持たない。すぐに気分を切り替えて周辺の散策へ。

 アーケード街2階の喫茶店にあるトイレからの風景が気になり、どこをどう見れば、あの、水タンクと曇り空の組み合わせになるのかとぐるぐる歩いていたところ、とある雑貨屋の前に行きついたのでありました。卸屋さんと1分と離れていない場所です。

別宅はショップ前

f:id:taiwanokinawa:20151117231655j:plain

 ショーウインドーにはオリジナル・タンブラーも並び、新しい容れ物を探してみるのもいいかな、と近寄ってみたところ、店の前に置かれた丸テーブルにドデン、ドデンと二匹。紛れもなく、卸屋さんのところの看板猫たちでした。

 さっそく撮影を開始したのですが、私のほかにネコに近寄る人はなし。看板や張り紙をして、有名なネコなのですよと告げてやらないと、人は近寄ってこないのですね。これは別なところでも経験したことですが、ネコの聖地として知られていなければ、撮影は一人で集中して打ち込むことができます。道行く人も知らん顔。人も猫も、お互いに無関心を決め込み、とても自然な空気が流れていました。

f:id:taiwanokinawa:20151117231549j:plain

広告を非表示にする