台湾沖縄透かし彫り

沖縄を歩いていると、台湾のことを感じることがあります。とりわけ、石垣島などの八重山地方では、そのまんまの台湾に出会ってしまうこともあります。では、台湾へ行ったらどうでしょう。やはり、沖縄を感じることがあり、かつて石垣島から移り住んでいった人たちと足跡を見付けることもあります。だけどそれは、薄皮を一枚剥いだようなところに隠れていることがほとんどなのです。

 沖縄を歩いていると、台湾のことを感じることがあります。とりわけ、石垣島などの八重山地方では、そのまんまの台湾に出会ってしまうこともあります。では、台湾へ行ったらどうでしょう。やはり、沖縄を感じることがありますし、石垣島の痕跡を見付けることもあります。だけどそれは、薄皮を一枚剥いだようなところに隠れていることがほとんどなのです。深く掘りすぎると、原形をとどめなくなってしまうかもしれませんね。元の姿をとどめつつ、だけど、内側に潜むものもちゃんと見える。そんな透かし彫りの方法で、台湾と沖縄を見ていきましょう。   松田良孝のページ | Facebookページも宣伝

桜の季節にネコ

ネコの爪

f:id:taiwanokinawa:20160221085013j:plain

 桜の季節に与儀公園を訪れることができました。

 いつものように、機関車のそばまで行ってネコどもにあいさつ。

不愛想な

f:id:taiwanokinawa:20160221085015j:plain

 愛想のないネズミ色のネコが金網の向こうから手を伸ばしてきたので、何かなと思ってそのままカメラを構えていたら、だれあろう筆者の手指に爪を引っ掛けてきよったではないか。いつも見かける白と赤の子は、やや遠目に引いた感じでちょこんと猫背な背中を丸くしているのみ。なんだったんだろうか、あの爪は。

f:id:taiwanokinawa:20160221085011j:plain

(2016年2月21日記)
広告を非表示にする