台湾沖縄透かし彫り

沖縄を歩いていると、台湾のことを感じることがあります。とりわけ、石垣島などの八重山地方では、そのまんまの台湾に出会ってしまうこともあります。では、台湾へ行ったらどうでしょう。やはり、沖縄を感じることがあり、かつて石垣島から移り住んでいった人たちと足跡を見付けることもあります。だけどそれは、薄皮を一枚剥いだようなところに隠れていることがほとんどなのです。

 沖縄を歩いていると、台湾のことを感じることがあります。とりわけ、石垣島などの八重山地方では、そのまんまの台湾に出会ってしまうこともあります。では、台湾へ行ったらどうでしょう。やはり、沖縄を感じることがありますし、石垣島の痕跡を見付けることもあります。だけどそれは、薄皮を一枚剥いだようなところに隠れていることがほとんどなのです。深く掘りすぎると、原形をとどめなくなってしまうかもしれませんね。元の姿をとどめつつ、だけど、内側に潜むものもちゃんと見える。そんな透かし彫りの方法で、台湾と沖縄を見ていきましょう。   松田良孝のページ | Facebookページも宣伝

大宮公園の飛行塔(動画あり)

 本当に動くらしい

  公園にジャングルジムや砂場があるのは当たり前のことだから、そんなものを見たっていちいちびっくりはしない。ないほうがよっぽど変である。何十年ぶりかで足を運んだ大宮公園の奥に飛行塔の姿を認めたとき、ちょうどそのジャングルジムや砂場みたいな感じがして、どうやら本当に動く代物らしいと分かりかけてみてようやく、これはどうしても撮っておかなければならないものと気づいた。ここへ来るまでに氷川神社で時間を食ってしまい、すでに正午を過ぎていたが、昼飯は後回しでいい。

親子2人なら400

f:id:taiwanokinawa:20160528192930j:plain

こころよく写真を撮らせてくださった親子連れ

f:id:taiwanokinawa:20160528193252j:plain

大宮公園は緑豊か

 飛行塔が設置されている遊園地は「大宮公園児童スポーツランド」という。子どもが乗って硬貨を入れてやると動く大きな人形やゴーカートなどが地面と同じ高さのところにあり、飛行等はそこから階段を上がって乗りにいく。

 料金は次の通り。

 2歳以上の小人:200円

 16歳以上の大人:300円

 ただし、200円料金の子どもと一緒に乗る大人は200円になる。

 この金額を払い、鉄塔に吊り下がっている4つの乗り物から好きなものを選んで乗り込むのだ。

67年間現役

f:id:taiwanokinawa:20160528193220j:plain

ここから乗り場に上がる
 

f:id:taiwanokinawa:20160528193235j:plain

中央下のボタンを押してスタート
 

f:id:taiwanokinawa:20160528193002j:plain

乗り場まで弾むように走っていった女の子が帽子を振る

 

 1949(昭和24)年に新潟県長岡市で開かれた博覧会で使用された飛行塔を買い取って使用しているとのことだから、御年67歳ということになる。係員の話では、メンテナンスをやってくれる人もちゃんといる。ま、それは当たり前のことではあるが、国内にいくつもないような遊具をメンテナンスできる人がちゃんといるのだということにも驚いてしまう。

f:id:taiwanokinawa:20160528193308j:plain

飛行塔のある風景
 

 

広告を非表示にする