台湾沖縄透かし彫り

沖縄を歩いていると、台湾のことを感じることがあります。とりわけ、石垣島などの八重山地方では、そのまんまの台湾に出会ってしまうこともあります。では、台湾へ行ったらどうでしょう。やはり、沖縄を感じることがあり、かつて石垣島から移り住んでいった人たちと足跡を見付けることもあります。だけどそれは、薄皮を一枚剥いだようなところに隠れていることがほとんどなのです。

 沖縄を歩いていると、台湾のことを感じることがあります。とりわけ、石垣島などの八重山地方では、そのまんまの台湾に出会ってしまうこともあります。では、台湾へ行ったらどうでしょう。やはり、沖縄を感じることがありますし、石垣島の痕跡を見付けることもあります。だけどそれは、薄皮を一枚剥いだようなところに隠れていることがほとんどなのです。深く掘りすぎると、原形をとどめなくなってしまうかもしれませんね。元の姿をとどめつつ、だけど、内側に潜むものもちゃんと見える。そんな透かし彫りの方法で、台湾と沖縄を見ていきましょう。   松田良孝のページ | Facebookページも宣伝

窓を開けたらネコがいた

f:id:taiwanokinawa:20161031211530j:plain

 

目が合った

 きのう、家の窓を開けたら、ネコがこちらを見ていた。

 ネコにしてみれば、何の前触れもなく窓が開いたので、そっちを見たということになる。

 目が合うのは当たり前のこと。

 

f:id:taiwanokinawa:20161031211528j:plain

 

上ばかり見て

 カメラを持って窓のところに戻ってみると、ネコはまだそこに動かずにいて、しきりと上のほうをうかがっていた。

 私の部屋からはネコたちが見ているところをうかがうことはできず、ネコどもが何を気にしていたのかは分からないまま。

2016年10月30日撮影。

 

taiwanokinawa.hatenablog.com